Now Loading...
  • 富岡バイパス店0274-64-5011
  • 七日市店0274-63-5367
  • 藤岡宮本店0274-24-1845

マルコーの1日

今日もスーパー丸幸の1日が始まります。
どんな雰囲気か、店長の仕事の様子を
少しのぞいてみましょう!
店長 加藤 学

店長
加藤 学

店長 加藤 学
am7:00 出社

日配品を陳列し、今日の売り場づくりや商品売価などの作業指示を部門ごとに出していきます。ここでは、パートさんとのチームワークが欠かせません。釣銭の準備やレジ回りの整理整頓も開店前の大切な仕事になります。

レジ
am10:00 開店

商品の陳列中に常連のお客様から声をかけられ、お孫さんの話で盛り上がりました。その後、青果物の荷降ろし・搬入、青果物の加工と陳列を行います。翌日分の日配品の発注も午前中に済ませておきます。

談話
店長 加藤 学
店長 加藤 学
am12:00 集計

前日分の売上金を集計し、銀行へ入金に行きます。翌日分のレジの釣銭も用意します。昼食前に店内を一巡して売り場のチェック。

pm1:00 昼食

妻が作ってくれたお弁当を休憩室で食べます。ホッとするひと時です。

pm2:00 巡回

店内を巡回して商品を補充。翌日分の青果物を発注した後、商品の在庫を確認します。再び店内を巡回。会計待ちの列を見てレジのフォローにまわります。毎週木曜日に入れるチラシ広告の作成も仕事の合間に行います。掲載の特売品は自信を持ってお薦めできる商品。お客様が喜んでくれるかな…。

弁当
pm5:00 退社

夜間店長に業務を引き継ぎ帰宅。今日も忙しかったけど、たくさんのお客様の笑顔が見られたので良かった! 明日もがんばります!

店長 加藤 学

店長インタビュー

店長として人、商品、数字を管理

商業系の大学で学び、流通業に興味がありました。丸幸を選んだのは、地元に古くからあって、子供のころからよく利用していたスーパーだったからです。買う側と売る側で立場は違いますが、慣れ親しんだ安心感のようなものは、長く働いていく場所としても魅力でした。現在は、店長として店舗のマネジメントに力を尽くす毎日です。パートさんの勤務シフトや教育など人の管理、仕入れから販売までの商品管理、売上や利益などの数字管理と仕事は幅広く、店舗運営を任された責任を感じています。お客様が買い物をしやすい店づくりだけでなく、スタッフが働きやすい環境をつくることも大事な仕事です。

店長 加藤 学

七日市店 店長
加藤 学《1995年入社》

内観
商売の面白さを実感できる仕事

やりがいは、お客様が喜んでいる様子を直に感じられること。「今日安いね」「いいものあるね」と笑顔を向けてくださる方も多く、こちらも嬉しさでいっぱいになるんです。「次はあの野菜を仕入れよう」「また頑張って売ろう」と新たな意欲につながります。そう思えるのも、店舗の仕事の自由度が高いから。売価の設定、商品の陳列方法、POP作成など売り場づくりで思ったこと、やりたいことが自分の判断でできます。仕掛けた特売や売り場の工夫が当たり、商品が売れていくのを見るのは気持ちいいものです。商売の面白さを実感するときでもありますね。前向きな気持ちがあれば、この仕事を楽しめると思います。

お客様も家族のような存在

商品が間にあっても、お客様とは人と人のおつきあいだと思っています。丸幸には長年通い続けてくださるお客様もたくさんいて、そんな方々とはお互いの家族構成まで知っている間柄です。地元で一緒に年を重ねているから共通の話題も多いですしね。だから、売り場に出ているとお客様からよく話しかけられるんです。野菜の料理方法を聞かれたり、お孫さんの運動会や地域のお祭りの話で盛り上がったり、ときには生活の中で困っていることを相談されてスマホで調べたりもします。自分にとっては、お客様も家族のような存在。いつも近くにいるお客様の信頼を裏切らない仕事を肝に銘じています。

看板息子 看板娘 店長 加藤 学

エントリーは下記のバナーより、「リクナビ2018」の
サイトにて必要事項を記入の上ご応募ください。

リクナビ 2018